女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと

生活の知恵・ノウハウ

Jアラートがなったらどうなるの?体験していない人のためのまとめ

投稿日:

2017年8月29日・朝6時すぎに、北朝鮮が撃ったミサイルが日本上空を通過しました。

日本の本土に落ちることはなかったものの、この影響で北海道から長野という広い範囲で「Jアラート」が鳴りました。

このJアラートですが、対象地域外では鳴らなかったため、「どんなものか解らない」という人もいると思いますし、そもそもJアラートがどんなものなのかもわからないという人もいるはずです。

ここで、もう一度「Jアラート」についておさらいしましょう。

Jアラートってなんなの?

まず「Jアラートは何か」というところから。

Jアラートとは、「全国瞬時警報システム」のこと。

弾道ミサイルが発射されたこと・落下したことや、大きな災害のことを教えてくれるシステムです。

「ドコモ」だと「エリアメール」から、AUやソフトバンクだと「緊急速報メール」という形で情報が届きます。

「国民保護に関する方法」というタイトルで、対象地域が一緒に表示されます。

対象地域に「警報音」が鳴ります

対象地域の防災行政無線などから自動的に警報が鳴る仕組みになっていますので、Jアラートが起動すると外から大きな警報音が聞こえてきます。

この警報音なのですが、「危険を知らせるための音」なので、いきなり聞くとちょっと不気味で驚いてしまうかも。

「内閣官房国民保護ポータルサイト」で音を聴くことができるので、特にお子さんには一度聞かせておくなどして、慣れさせておくことも考えてみてください。

Jアラートが鳴ったらどうするの?

テレビやラジオをつけて、情報を確認。

どう行動すればいいかの指示が出ますので、指示を聞いてください。

TwitterをはじめとするSNSだと、間違った情報が流れることもあります。

SNSは情報交換に有益なこともありますが、最初に触れるのは国が発信する情報に絞りましょう!ミサイル発射の場合、「内閣官房国民保護ポータルサイト」が案内している自衛の仕方は以下のとおりです。

  • 屋外にいる場合→頑丈な建物、もしくは地下に避難する
  • 建物がない場合→物陰に身を隠す、伏せて頭部を守る
  • 窓のない部屋に避難するか、窓から離れること

Jアラートが知らせる情報の順番

  • 1.弾道ミサイルが日本にくる可能性がある場合に、避難を呼びかけます。
  • 2.日本の領土や領海に着弾する可能性がある場合、さらに避難を呼びかけます。
  • 3.領土・領海に着弾した場合は、その場所についての情報を流します。

「ミサイル落下、ミサイル落下。ミサイルが〇〇地方に落下した可能性があります。続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難してください」→ミサイルが落ちると、このように放送されます。

引き続き情報を待ってください。

この3段階があることを覚えておきましょう。

撃たれたミサイルがどうなったかが伝えられるまで、安全な場所で情報を待つことが大事です。

Jアラートに慌てすぎないこと

冷静に対処しましょう。

8月29日のJアラートは「はじめて聞いた」という人も多かったため、驚いて対処ができなかったという人も多かったようです。

その時は領土に着弾がありませんでしたが、万が一のことを考えて「避難方法」を家族で話し合い、共有しておくことは本当に大切。

北朝鮮からミサイルが発射された場合、Jアラートから着弾までは数分しかありません。

その間に、どの場所にいてもできるだけ安全な場所に避難することができるように対策しておきましょう。

また、国からの情報をしっかりと受け取ることができるようにしておくこと。

ラジオはもちろんですが、政府ではTwitterの公式アカウントも持っています。

こういったアカウントをフォローしておくことも、備えのひとつになるはずです。

-生活の知恵・ノウハウ

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.