女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと

ダイエット・減量

サプリメントでダイエットする【ズボラ系ダイエット】

更新日:

サプリメントでダイエットなんてできるはずないと思うあなた。サプリは年々進化をしています。

いろいろなサプリがありますので、他のダイエットや運動と合わせてやると効果的ですよ!

ギムネマ・シルベスタダイエット

ギムネマ・シルベスタに含まれるギムネマ酸を摂ると、 甘いものを食べても甘みを感じさせなくなるので食欲がなくなって肥満防止になるというダイエット法です。

ギムネマ・シルベスタは、インド中南部産のガガイモ科の植物で、別名グルマール(糖を壊すもの)と呼ばれています。 インドでは2000年以上も前から糖尿病治療に使用されてきました。

その理由は、ギムネマ・シルベスタに含まれるギムネマ酸という特殊な酸を摂ると舌の甘味を感じる部分にくっつき、 1~2分で食べ物の甘いものを感じなくさせてしまい、その回復には1時間以上かかります。甘みを感じなくなることで食欲がなくなり、 食事制限をしている糖尿病患者にとって効果的なのです。

またギムネマ酸を摂ると、小腸の酵素をブロックしてブドウ糖を吸収する量が大幅に減少するので血糖値も上昇せず、 インスリンの分泌も抑えられるため、脂肪がたまりにくくなります。

ギムネマ・シルベスタは主にサプリメントまたはギムネマ茶で摂りますが、食前、食中に摂ると、 甘みを感じにくくするので食後に摂るといいでしょう。

血糖値が上昇するのが食後30分ぐらいなのでそれまでに摂りましょう。ただし、糖尿病で血糖降下剤を服用している人は、ギムネマ・ シルベスタを併用すると低血糖を起こす可能性があるので注意が必要です。

クエン酸ダイエット

クエン酸をドリンクやサプリなどで毎日摂るだけで「クエン酸サイクル」を活発にして基礎代謝をアップさせ、 太りにくい体質になるというダイエット法です。

「クエン酸サイクル」とは、体内に摂り入れられた糖質を人間が活動するためのエネルギーに変える時の反応のことで、 これがうまく働かないと糖質が脂肪や疲労物質(乳酸)として体内に溜め込まれていくのです。

毎日クエン酸を摂取することにより、この「クエン酸サイクル」が活発になり、体内に脂肪が溜まりにくく太りにくくなるのです。

また運動している人は運動する前後にクエン酸を摂ることで、疲労物質である「乳酸」 が体内に溜まるのを防いで疲れにくくなるだけでなく、運動の持続力も高まり運動後の疲労回復も早まります。

クエン酸を摂取する時は1日1000mg~2000mgを目安にしましょう。熱に弱いので調理には不向きです。 クエン酸ドリンクやサプリで摂るのが効果的です。

クロムダイエット

クロムダイエットとは、インスリンの働きを正常に戻す作用があるクロムを摂取することで筋肉量を増やし、脂肪の燃焼を活発にするダイエット法です。

太っている人のほとんどはインスリンの働きが悪く、常に脂肪組織に脂肪が溜まりやすい状態で、 よほど厳しい食事制限をしない限り簡単には痩せることができません。

クロム を摂取するとインスリンの働きを正常にし、筋肉を増強させて脂肪を燃焼し引き締まったカラダをつくります。 また血中コレステロールを減少させて血糖値を安定させる働きもするので、糖尿病など生活習慣病の予防にもなります。

クロムは穀類や野菜、魚や肉、卵などに含まれるミネラルの一種ですが、含まれている量は微量のため、 ダイエットを目的として摂取するならサプリメントで摂りましょう。

また有酸素運動をプラスして行なうとより効果的です。

テアニンダイエット

テアニンダイエットとは、緑茶に含まれているテアニンという成分を凝縮させたサプリメントを摂ることで、ダイエット中のイライラや過食を防ぎ、 脳を刺激して心身をリラックス状態にする方法です。

テアニンは緑茶に含まれる抗酸化成分として有名なカテキンの関連物質で、飲むと脳に刺激を与えて鎮静作用が働き、 リラックス状態の時に出てくる脳波のα波が多く出るといわれています。

ダイエット中は無理な食事制限などでイライラしてストレスが溜まりがちですが、 このテアニンを摂ることで心身がリラックスして自己コントロールがうまくできるようになります。

テアニンは凝縮されたサプリで摂るのがベストですが、緑茶をたくさん飲むのもよいでしょう。ぬるいお湯によく溶け出すので、 お茶で飲む時はぬるま湯で入れて飲みましょう。

ビール酵母ダイエット

ビール酵母の中に含まれるグルカン、マンナンという多糖体が水分を吸収して満腹感になるため食事量が減る他、 食物繊維が腸内環境を整えて便秘を改善する効果があるダイエット法です。

ビール酵母とは、ビールを製造する時に利用される発酵菌のことで、ビール製造工程中に大麦のミネラル、 アミノ酸などの栄養を取り込みながら増殖していきます。発酵が終わると酵母は下に沈み、上澄み液がビールとなり、 下に沈んだカスのようなものがビール酵母です。

ビール酵母はグルカン、マンナンといった多糖体により構成されており、これらが水分を吸収して膨張するため、満腹感が得られます。

またビール酵母はタンパク質やミネラルも豊富で、体に必要なものがほとんど含まれているのでダイエット中の栄養補給にピッタリです。 そのほか食物繊維も多く含まれているので便秘解消に効果があります。

ビール酵母ダイエットの方法は、1日のうち1、2食をビール酵母入りヨーグルトにします。 ビール酵母は粉末や錠剤になっているのでこれをヨーグルトに混ぜて食べるだけで満腹感が得られます。

粉末のビール酵母の場合、ヨーグルト100グラムに対し、大さじ1杯のビール酵母をダマにならないようよくかき混ぜて食べます。 酵母の臭いや味が気になる時はヨーグルトに果物やジャムを混ぜたりするといいでしょう。

またビール酵母は、アルコールではないので、お酒が飲めない人も安心して摂ることができます。

ただし、ビール酵母には核酸という成分が含まれているので、痛風のある人には向きません。

マイクロダイエット

マイクロダイエットとは、1袋にビタミンやカルシウムの他人間の体に必要な50種類の栄養素を含んでいてカロリーも1食分わずか170kcalの栄養食品を食事代わりに摂るというダイエット法です。

マイクロダイエットはイギリスで開発されたダイエット用の栄養食品です。

1食分の中にWHO/ 世界保健機構が定める栄養基準をクリアした約50種類もの栄養素が含まれていながらカロリーはわずか170kcalと低く、 1日3食のうち1~2食をマイクロダイエットに置きかえることで短期間に減量することが可能です。

またタンパク質やビタミン、 カルシウムなどの栄養が豊富に含まれているので無理な食事制限のダイエットにありがちな肌荒れやめまいなどの他、 下半身はそのままでバストだけ小さくなるということがありません。

味も飽きないようにドリンク、スープともいろいろな味が揃っていて楽に続けることができます。

最も短期間で結果が出る効果的な摂り方は、朝通常の食事で昼と夜をマイクロダイエットにします。 次に効果的なのが昼食に普通の食事で朝と夜置き換える方法。徐々に減量したい場合は1食分だけ置換えます。

実行する時は、自分の生活リズムや減量目標を考慮した無理のない方法で行ないましょう。

-ダイエット・減量

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.