女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと

焼酎ダイエット

ダイエット・減量

飲み物やドリンク類を利用してダイエットをして見よう!

更新日:

ダイエットはとにかく都合のよい考えでやってしまうことが多い。この飲み物系ダイエットなんて、絶対に失敗しそうなヤツばかりだよね。

特にお酒関連を利用するダイエットはかなり大変と思う。

なんといってもお酒が入ると・・・食欲があがりますから。基本的にはこれらのドリンク類を1食置き換えでやるのがいいかもしれません。

焼酎ダイエット

焼酎ダイエットとは、ビールや日本酒を飲むよりも、適量の本格焼酎を飲むことで血液がサラサラになり、 全身の細胞が活性化して老化を防止しカロリーも抑えられるというダイエット法です。

赤ワインのポリフェノールが体内の酸化を防ぎ、血栓症(血液がドロドロ) になるのを防いで心臓病やガンの予防に効果があるというのは有名ですが、本格焼酎には既にドロドロになった血液をサラサラにする 「ウロキナーゼ」という酵素が他のどのお酒よりも多く含まれています。

血液がサラサラになると新鮮な血液が全身の細胞に行き渡るので、脳の働きが活性化し、 肌もキレイになって老化を防止することができるのです。

気になるカロリーですが、ビールや日本酒、ワインなどは醸造酒なのでアルコールの他に糖分が含まれているためカロリーも高めです。 焼酎は糖分を含まない蒸留酒なので、カロリーは純粋なアルコール分のみとなります。

そのカロリーも飲むと体温上昇などですぐに消費されるため、体内に蓄積されにくいのです。 また焼酎は製造過程でほとんどの不純物が取り除かれるのでアルコールが分解されやすく二日酔いしにくいといわれています。

ダイエットしたいけどお酒がやめられない人は、ぜひ焼酎に替えてみてはいかがでしょうか。飲むなら乙類の本格焼酎(芋、麦、 米などの焼酎)のお湯割(5:5)がおすすめです。

ビールや日本酒、ワインは食べ物と相性が良く、食べながらどんどん飲めるので、 結果食べ過ぎ飲み過ぎでカロリーオーバーとなってしまいますが、焼酎はどちらかというと食べながら飲むというよりも、 少量の肴でチビチビ飲むのが美味しいので、食事量も減らすことができます。

お酒が体質的に合わない人は、このダイエット法はおすすめできません。また普段飲む人も、体調が悪い時は飲まないようにしましょう。

赤ワインダイエット

赤ワインダイエットとは、食事中に赤ワインを1杯ゆっくり時間をかけて飲むことで、早食いを防止して食べる食事量も減り、 ストレス防止にもなるというダイエット法です。

赤ワインにはポリフェノールがたっぷり含まれており、体内に悪玉コレステロールが溜まるのを防ぐ他、 酸化防止効果があるので若返りが期待できます。

また少量のアルコールは食事の時間を豊かにし、食べ物を美味しくするのでストレス解消にも役立ちます。

赤ワインダイエットの方法は、1杯の赤ワインを食事中にゆっくり時間をかけて飲むだけです。 その際食べ物をひとくち口に入れたらその度に箸を置いてゆっくり噛みましょう。こうすることで少量で満腹感が得られるだけでなく、 食べ方も上品に見えて一石二鳥です。

ただ一点気をつけることは、ワインが美味しいからと何杯も飲み過ぎないようにしましょう。1杯だけ飲むことを心がけましょう。 また赤ワインを飲むのは夕食時にします。朝食や昼食時には他のノンカロリードリンクや、野菜ジュースで代用しましょう。

ウォーターダイエット

ウォーターダイエットとは、ミネラルを含んだ水をたっぷりとりながら食事をすることにより、 食事時間が長くなって血糖値がゆっくり上昇するためにインスリンの分泌が抑えられて脂肪がたまりにくくなるのと、 早く満腹感が得られて食事量が減り、便通もよくなるというダイエット方法です。

やり方は、水を飲みながらゆっくり食べるだけ。「一回水を飲んで一口食べる」を繰り返しましょう。 そんなにたくさん食べていないのに途中で満腹になります。飲む量は特に決まりも制限もありませんが、こまめに飲むようにしましょう。

ダイエットに使用する水は、ミネラルを多く含む水を選びましょう。加熱殺菌していない、 ろ過式のミネラルウォーターならカルシウムやマグネシウム、 ナトリウムやカリウムなどの天然のミネラルがたっぷり含まれているのでおすすめです。

中でもカルシウムは、沢山とっ ても体に吸収されるのは3分の1だけであとの3分の2は腸を収縮させる働きがあり、 便秘を解消する効果が期待できます。

ただ普段から便秘が少ない人はミネラルウォーター(特に硬水)を大量に飲むこことで逆に下痢になることがあるので注意しましょう。

きなこココアダイエット

きなこココアダイエットとは、きなことココアを混ぜ合わせたドリンクを朝食前と夕食前に飲むことで、食事量が減り、 大豆の成分が脂肪の吸収を抑えるというダイエット法です。

きなこには女性ホルモンに似た働きをする「大豆イソフラボン」や糖質が脂肪になるのを抑制する「大豆サポニン」が含まれており、 ココアには活性酸素を抑える「カカオポリフェノール」や、コレステロールを低下させる「リグニン」といった成分が含まれています。

またどちらも食物繊維が豊富なので便秘を解消する効果があると言われています。

このきなことココアを混ぜて飲むことで、単品で摂るよりもダイエット効果が期待でき、また朝食前と夕食前に飲むことで満腹感が得られ、 自然に食事量も減ってカロリーダウンにつながります。

きなこココアレシピ

市販のきなこココアをお湯や豆乳、牛乳などに混ぜて飲む方法が一般的ですが、自分でも作ることができます。

  • きなこ小さじ2
  • ココア小さじ1
  • 小麦胚芽小さじ1
  • ビール酵母小さじ1
  • スキムミルク小さじ1
  • はちみつ小さじ2
  • 豆乳200ml

をよく混ぜて飲みます。味は好みで調節しましょう。

黒酢ダイエット

黒酢ダイエットとは、黒酢と摂ることで、黒酢に含まれているアミノ酸で脂肪の吸収を抑え、脂肪の燃焼を促すというダイエット法です。

料理などでよく使う酢は、醸造酢にアルコールを混ぜたものがほとんどで、アミノ酸はほとんど含まれていません。ところが黒酢は、 発酵・熟成に1~3年かけているため、ダイエットに効果があるアミノ酸が豊富に含まれているのです。

黒酢を日常的に摂ると、コレステロールや中性脂肪が減少して血液がサラサラになるだけでなく、 黒酢に含まれているアミノ酸が体内に取り込まれてヒト成長ホルモンが分泌され、 古い細胞をどんどん新しい細胞に変えていくので若返り効果もあるのです。

また黒酢に含まれるクエン酸は、体に悪影響の酸性物質を分解する働きをするので、 脂っこい料理に使用すると脂肪分解の効果があります。

黒酢ダイエットの方法は、黒酢30ccを1日に1~3回飲むだけです。酸っぱくてそのまま飲めない場合は、 水で薄めてハチミツを入れると飲みやすくなります。

グァバダイエット

グァバダイエットとは、グァバの葉に含まれる「グァバ葉ポリフェノール」が血糖値を下げ、糖質が脂肪に変わるのを防ぐことができるダイエット法です。

グァバの果実はトロピカルフルーツジュースで有名ですが、ダイエットに効果があるのはグァバの葉の方です。

食 べ物を食べると、胃の中で糖質を分解してブドウ糖に変換する酵素が分泌されますが、グァバの葉に含まれる 「グァバ葉ポリフェノール」にはこの酵素が活性化されるのを抑える働きがあるので、糖質はブドウ糖に変換されないため体内に吸収されず、 脂肪に変わる量も少なくなるのです。

またグァバの葉には、ポリフェノールのほかビタミン・ミネラル、葉緑素、葉酸、食物繊維が含まれており、 お茶にして積極的に飲むと良いでしょう。

粉ミルクダイエット

粉ミルクダイエットとは、1日の食事のうち1食か2食を栄養バランスのいい粉ミルクだけにして健康的に痩せるダイエット方法です。

粉ミルクは、赤ちゃんが育つための全ての栄養をそれだけでとることができる、安全で栄養バランスが優れた完全栄養食です。

粉ミルクの主な特徴は、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌などを増やして免疫力を高め、 抵抗力のない赤ちゃんを病気から守ることです。

乳酸菌やビフィズス菌は腸内バランスを整えるので、赤ちゃんだけでなく成人が粉ミルクを飲んでも同じ効果が得られ、 便秘が改善するほか、免疫力がついて病気になりにくい、健康な体になるのです。

また粉ミルクは低カロリーで腹持ちがいいので、1日の食事のうち1食あるいは2食を粉ミルクだけに置きかえると、 カロリーダウンになりダイエット効果があります。

粉ミルクの飲み方は、赤ちゃん用か大人用のダイエット粉ミルクを、カップに60~70グラムほど入れて、 60~65度のお湯をぬるま湯で溶かします。(この分量でもし下痢をしたら少しずつ粉ミルクの量をへらして自分に合う量を探しましょう) 飲む時にミルク臭い場合は、コーヒーや抹茶などを少し混ぜるといいでしょう。

コーヒーダイエット

コーヒーダイエットとは、一日に5~6杯のブラックコーヒーを飲むだけで、脂肪がつきにくくなるというダイエット法です。

コーヒーに含まれるカフェインには、体内活動を覚醒させるアドレナリンを分泌させて脂肪を分解し、血液中に放出する働きがあります。

普段は食後やくつろいでいる時に飲むコーヒーですが、このダイエット方法では「運動する前」に飲むことで脂肪を燃焼しやすくします。 ウォーキングやストレッチをする時は、一杯のコーヒーを飲んでから行ないましょう。

また食前にコーヒーを飲むと満腹感が得られるので、食べ過ぎを防ぐこともできます。

このダイエットで一番注意したいのが、必ず「ブラックで飲む」ということです。

ブラックコーヒーのカロリーはゼロですが、砂糖やミルクを入れると糖分や脂肪分まで体内に吸収してしまいます。 缶コーヒーなどにはほとんど糖分が含まれているのでもし飲むなら「無糖、ブラック」の表示があるものを飲みましょう。

ショウガ紅茶ダイエット

ショウガ紅茶ダイエットとは、紅茶とショウガにそれぞれ含まれている成分の働きにより、体を温めて脂肪を燃やし、 余分な水分を排出して肥満を防ぐというダイエット法です。

ショウガの成分に含まれているジンゲロールが、加熱することでショウガオールという成分に変化します。 この成分は肥満の大敵である冷え性を改善し体を温める効果があります。

紅茶の葉にもテアフラビンという代謝を良くして体を温める成分が含まれています。この二つを合わせて飲むことによって、 より体が温まり、脂肪燃焼効果も高まるのです。

作り方はいたって簡単で、普通に入れたカップ1杯の紅茶にショウガの絞り汁(またはおろしショウガそのまま) を小サジ1杯程度入れて1日3~5杯飲むだけ。甘みが欲しい時はハチミツか黒砂糖を少々入れるとよいでしょう。

またショウガの皮には食物繊維が含まれているので、便秘にも効果的です。 皮ごとすりおろして小サジ1杯ずつ小分けにして冷凍しておくといつでもショウガ紅茶を作ることができます。

豆乳ダイエット

豆乳ダイエットとは、低カロリー、低脂肪、良質のタンパク質たっぷりの豆乳を毎日1杯以上飲んで、食事の量を減らし、便秘を解消するダイエット法です。

豆腐の製造過程でできる豆乳には、オリゴ糖という成分が含まれておりダイエットに大敵である便秘を解消する働きがあります。

しかも豆乳のカロリーは牛乳と比べるとカロリーが3分の2で、タンパク質の量は牛乳より多く、脂質は少なくて、 コレステロールが牛乳100グラム中12グラム含まれているのに対して豆乳はなんとゼロなのです。

また豆乳の原料である大豆にはイソフラボンという成分が含まれており、体内で女性ホルモンと同じような働きをするため、美肌、 老化防止などに効果があるといわれています。

ダイエットの効果を得るためには、毎日コップ1杯以上飲むようにしましょう。飲む時間は特に決まりはありませんが、 できれば食前に飲むようにすると満腹感が出て食事の量を抑えることができます。

牛乳と同じようにコーヒーを入れたり、果物と一緒にミキサーにかけて飲めば味にバリエーションが出て飽きずに続けることができますね。

豆乳を選ぶ際は、「豆乳」または「調整豆乳」と表示されたものを選ぶようにしましょう。

にがり水ダイエット

にがり水ダイエットとは、ミネラルが豊富に含まれているにがり水を飲むことで脂肪を溜めこむ原因となるインスリンの分泌を抑えて太りにくくなるというダイエット法です。

豆腐を作る材料でおなじみの「にがり」は、海水から作られた天然のものでマグネシウム、カルシウム、 カリウムなど体に必要なミネラルが豊富に含まれています。

このミネラルが、インシュリンの分泌を抑えて血中のブドウ糖が脂肪に変わるのを防ぐ働きをしてくれるのです。

また、にがりには腸を刺激して便通を良くする他、新陳代謝を高めて利尿作用を促し、体内に溜まった老廃物を排出すると言われています。

プーアール茶ダイエット

プーアール茶ダイエットとは、普段飲んでいる水やお茶をプーアール茶に変えるだけで、食べ物に含まれる脂肪の吸収を抑え、 血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす酵素の働きを活発化させて体脂肪を燃焼させやすくするというダイエット法です。

プーアール茶は、主に中国の雲南省で生産される「黒茶」と呼ばれるお茶の一種です。

元々は緑茶を釜で炒った後に湿り気を加えて放置したものを言いますが最近ではこの放置した茶葉に黒麹菌を加えて数年間発酵させたものが一般的になっていて、 発酵期間が長ければ長いほど良いお茶と言われています。

プーアール茶は直接体の脂肪を分解するのではなく、食事中に飲むことで食べ物に含まれる脂肪の表面を分解し、 脂肪が体内に吸収されるのを防いでくれるのです。

またプーアール茶を発酵させるときに使用する「黒麹菌」には、体内の脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を組成することができるので、 飲み続けることで「リパーゼ」の働きもより活性化し、体脂肪が燃焼しやすくなります。

プーアール茶は飲んですぐに痩せるというものではなく、水代わりにして1日何回かに分けて多めに飲む。 そして毎日続けるということが大切です。

さらにダイエットの効果を得るためには、運動と併用すると良いでしょう。

リンゴ酢ダイエット

リンゴ酢ダイエットとは、リンゴ酢を水で薄めたものにハチミツを加えたものを1日3回飲むダイエット法です。

リンゴ酢には疲労回復に効果があるといわれる有機酸が含まれている他、 必須アミノ酸やカリウムなどダイエット中に不足しがちな栄養素が含まれています。

また普通のお酢や黒酢などに比べると飲みやすいので、めんどくさがり屋さんでも長続きできるダイエット法なのです。

リンゴ酢ドリンクの作り方 

  • 大さじ1杯(15cc)のリンゴ酢を10倍の水で薄めます。
  • ハチミツを適量(好みに合わせてください)入れてできあがり。
  • ダイエットのためには1日3回以上飲みましょう。

飲む時間は特に決まっていませんが、食前に飲むと決めておけば必ず3回は飲むことができます。 まとめて作ってペットボトルに入れて持ち歩けばいつでも飲めますね。

最近ではリンゴ酢とハチミツをブレンドしたものや、それに黒酢をプラスしたものなどが市販で販売されていますので、 どうしても自分で作る時間がない人はそれらを利用するといいでしょう。

リンゴ酢ダイエットは即効性はありませんが、長期間続けることで痩せ易い体質作りに役立ちます。

-ダイエット・減量

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.