女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと




スキンケア・コスメ・メイク

ファンデーション選びのコツと色による使い分け

投稿日:

化粧品のうちで、肌を整える基礎化粧品が土台だとすれば、顔を華やかに引き立たせてくれるメイクアップ商品はデコレーションだと言えるでしょう。

ファンデーション選びで重要なのは?

もちろん基礎化粧品を上手く使って、トラブルなく素肌を美しく保っていればそれだけメイクアップの仕上りも美しくなりますが、季節の変わり目の肌荒れや思わぬ吹き出物などのピンチに見舞われたとしても、上手なメイクアップでカバーすることができます。

美しい部分はより美しく、そうでないところは隠して全体的にきれいな顔と表情、雰囲気を作りあげるのがメイクアップの目的ですが、中でも最も重要な化粧品はファンデーションでしょう。

顔のトーンを挙げ、不自然にならない程度に華やかに見せるためには良いファンデーションを適切に利用することが大切です。

ファンデーション選びで重要なのは、何はさておき色でしょう。

どれほど使い心地の良いファンデーションでも、自分の肌の色にあっていなければそれですべてがおしまいです。

ほとんどの場合、白すぎれば厚化粧に見え、首から上が膨張したイメージになり、またふた昔前の中年女性のお化粧のような野暮ったい仕上りになってしまいます。

首の色に合わせて選ぶと良いか?

また逆に暗い色を選んでしまうと、顔だけが日焼けしたように奇妙なことになってしまうでしょう。

これを避けるために、ファンデーションは首の色に合わせて選ぶと良いと一般的にはよく言われますが、これは絶対ではありません。

というのも、日頃から顔と同じほど首のお手入れをしている人はまだしも、特にケアをしていない人の場合は、首と顔の色味にかなりの違いがあることもあり、その場合は首の色をベースにすると暗くなり過ぎることもあるからです。

またファンデーションはメーカーによって色の作り方に違いがあることも少なくありません。

自分に合う色を把握できていない場合は、一度化粧品販売のカウンターに出掛けて、美容部員に選んでもらうのがもっとも手軽で確実です。

気に入ったファンデーションがみつかってもその場ですぐ購入する必要はありません、

試供品をもらって返り、数日間使って、フィット感や化粧崩れの様子なども試してみてから購入を検討すると良いでしょう。

顔の色を使い分ける

ファンデーションの色選びは専門家に尋ねるのが一番確実ですが、これはファンデーションを作っている化粧品のメーカーごとに色を決定する理論が大きく異なっている場合が少なくないからです。

たいていの場合は首と顔の境目あたりで色味を見ることになるでしょうが、ファンデーションを塗った直後と数時間置いた後との違いや、化粧下地やコントロールカラー、コンシーラーとの相性なども含めてのトータルチョイスとなると、自分1人でファンデーションの色を決めるのはなかなか難しいものです。

また最近多くの女性に支持されている色味の決め方として、肌の表層の色を見るのではなく、肌の下の、顔に流れている血管の静脈と動脈のどちらの色が強く出ているかによって、イエローベースかブルーベースかを判断するという方法があります。

これを見極めるためには、メーカーのカウンターを訪れて、テストクリームを肌の内側に塗り、しばらく時間をおいて変化を見るというテストをする必要があります。

この理論を元にして選んだファンデーションの色は、時間が経っても肌をくすませることがない、と評判ですが、やはり自分1人でテストをすることは難しいでしょう。

また、ファンデーションはただ肌色の化粧品を顔に乗せればよいと言うものではなく、顔の陰影を際だたせて立体感を増し、肌のキメを整えて美しく見せるためにはそれ相応の手順やアイテムも必要となります。

パール感のある化粧下地や、肌の赤みを消したり、毛穴を目立たなくしたり、アイカラーなどの発色を良くするためのコントロールカラーやコンシーラー、ハイライトなどを使いこなすためには、やはりある程度の練習とプロからのレクチャーも必要となるでしょう。

各メーカーのファンデーションをもっとも効果的に使いこなすために、製造元からの説明を受けておくというのはきっと無駄にはならないことでしょう。

自分にぴったりのファンデーションを探して購入するついでに、美容部員からメイクのテクニックを教わったり、肌質のテストをしてもらったりしておけば、毎日のお化粧ももっと楽しくなるかも知れません。




-スキンケア・コスメ・メイク

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.