女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと

女性の健康と病気

骨粗しょう症って、どんな病気?どんな種類があるの?

更新日:

骨粗鬆症とは、骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気です。

しかも、骨全体が弱まって骨折してしまいますから、折れてしまった骨が回復するまでに時間がかかるようになってしまいます。

また、骨折が原因で日常生活行動(ADL)の低下、さらには寝たきりになってしまうことが大きな問題とされています。

日本全体で骨粗しょう症はどのくらいいるのか?

日本の骨粗鬆症の患者は、女性が約800万人、男性が約200万人、合計1000万人と言われています。

これは、高齢化社会が進むにつれてさらに増加していく傾向があります。

骨粗鬆症という病気の最も大きな特徴は、全身に起こる骨折ですが、これに伴う痛みはもちろん耐え難いものであります。

しかし、最も深刻な問題は、錐体骨の圧迫骨折により背骨や腰が曲がって歩行や運動ができなくなったり、終日家の中で過ごすなど社会から隔絶された生活状態に陥ることです。

また、転倒など大腿骨頚部骨折が起こりますと、寝たきり状態となってそのまま痴呆症へと進行してしまう確率が高いと言われています。

このように、骨粗鬆症は単なる骨の病気というものではなく、肉体的、精神的、そして社会的にも人間の健康に対して大きな影響をもたらす怖い病気と言えるでしょう。

骨粗鬆症の症状は、初期の場合は、自覚症状はなく、知らない間に進行し骨折が起こりやすくなっています。

一般的症状として、背部痛、腹背部の倦怠感、動作時の腰背部痛、安静時痛、背骨の変形、骨折、あるいは身長の短縮などが挙げられます。

痛みは軽度で慢性のことが多いのですが、骨折を起こしますと激痛となります。

高齢者が骨粗鬆症に罹りますと、背中が丸くなったり、身長が急激に低くなったり、急性的な腰痛が生じる、あるいは手足の骨が容易に折れてしまうといった特徴的症状が見られます。

また、骨粗鬆症で骨折しやすい部位としましては、腰椎、上腕骨の肩の付け根付近、前腕骨の手首近く、そして大腿骨の股の付け根付近が挙げられます。

骨が減るとはどのような状態か?

骨も他の組織と同じように代謝を繰り返しています。骨代謝は骨吸収と骨形成から成り、これによって骨は強さとしなやかさが維持されています。

しかし、何らかの原因で吸収・形成のバランスが崩れますとと骨の密度が低下し骨が減少してしまい、骨粗鬆症になります。

吸収・形成のバランスを崩す要因としては、骨を形成するカルシウムなどの栄養素や、骨代謝に関わるホルモンの分泌状態などがあげられます。

骨の減少には、いくつかのポイントがあります。女性の一生と骨量の推移を理解しますと、どうしてこの時期に骨量が減少するかが分かるでしょう。

骨が減っていくメカニズムには女性ホルモンが大きく関わっています。

女性の骨量は、骨格の完成する思春期まで急激に増加した後も、ゆっくりではありますが20代半ばまで増え続け、30代後半まで維持します。

閉経によってエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が急激に低下してしまいますと、骨からカルシウムが溶け出す作用を制御できず、骨量が急速に低下し始めます。

閉経後の5~10年間は著しく減少する時期となります。

これは、女性でしたら誰にでも起こり得る自然現象と言えますが、食事や運動である程度はその減少を抑えることができます。

その後も加齢とともに骨量は減ってきますが、その程度は小さくなります。

カルシウムは骨を構成する重要な成分の一つで、体内のカルシウムの99%は骨や歯に蓄えられています。

残り1%は、血液中で身体の機能を正常に保つ働きをしています。

血液中のカルシウムは常に一定量に保たれていますが、不足しますとその分を食物からの吸収などで補充しています。

しかし、それでも足りない場合には、骨から補うことになっています。

食物で摂取するカルシウムが不足したり、体内のカルシウム調節機能が低下しますと、頻繁に骨からカルシウムが溶け出して骨量が減少してしまいます。

減った骨は、ほとんど元に戻ることはありません。



原発性骨粗鬆症

原発性骨粗鬆症とは、閉経や加齢にさまざまな原因が重なることによって起こる、もっとも多くみられる骨粗鬆症です。

原発性骨粗鬆症の診断には、まず骨量の低下をもたらすような骨粗鬆症以外の疾患や続発性骨粗鬆症などが認められないことが必要となります。

さらに、骨の評価として、脆弱性骨折の有無を判定して脆弱性骨折が認められますと、原発性骨粗鬆症と判定されています。

また、脆弱性骨折が認められない場合には、骨密度が若年成人の平均値の70%未満であるとき、あるいはX線像で骨粗鬆症が存在するときに骨粗鬆症と判定されています。

原発性骨粗鬆症は、骨粗鬆症の90%以上を占めていますが、そのほとんどが中高年者に起こる退行期骨粗鬆症となっています。

男女ともに発症しますが、女性では閉経後に現れ、男性に比べて発症時期が早くなっていますから、重症化しやすく骨折などの臨床的な問題を引き起こしやすく、注意が必要となっています。

女性は平均50才前後で閉経となりますが、女性ホルモンの分泌は急激に減少します。女性ホルモンは、骨の強化にも深く関わっていて、骨を守る役目を担っています。

閉経しますと女性ホルモンが減少し、骨を守ることができなくなってしまいます。

この影響は非常に大きく、骨の破壊スピードが急激に高まります。

骨のカルシウムが失われていきますと副甲状腺ホルモンの働きが低下して、カルシウムの吸収が悪くなり尿にどんどん排泄されてしまいます。

骨量が減少して、背骨、手首、大腿骨の頚部骨折になりやすくなるという悪循環に陥ります。

また、老人性骨粗鬆症では、加齢に伴う腎機能の低下によって生じるビタミンDの産生低下がそれぞれ原因とされています。

男性では女性のように更年期で急速にエストロゲン産生量が低下して骨粗鬆症になるということはありませんが、加齢は骨量の減少要因の一つとなっています。

男性でも骨密度の低下と血中エストロゲン量には、相関があることも明らかになっています。

続発性骨粗鬆症

骨粗鬆症は、閉経した女性と50歳以上の人が特に罹りやすい病気とされていますが、若い人や子どもでも罹ることがあります。

これは、続発性骨粗鬆症というものです。この続発性骨粗鬆症を引き起こす原因は、さまざまです。例えば、副甲状腺機能亢進症という病気に罹りますと、血清カルシウムが多くなってしまうことから、骨に破骨細胞が異常に増加してカルシウムをどんどん放出して、骨質を破壊してしまいます。

続発性骨粗鬆症になりやすい人を挙げますと次のようになっています。

肝臓病患者、胃腸病患者、胃腸の手術を受けた人、長い間酸化製剤を服用している人、脳卒中、骨折、長い間病気で寝でいる人、お産経験のない女性、運動不足の人、膿ようや関節炎患者、コーヒーをたくさん飲む人、ある種の利尿剤を長く服用する人、栄養吸収のバランスが悪い人、タンパク質、脂肪の多い食べ物を好む人、煙草や酒を過量に取る人。

続発性骨粗鬆症は何らかの疾患のバックグラウンドの上に成り立っているタイプのものです。

続発性骨粗鬆症の中には、さらに内分泌性、栄養性、薬物性、不動性、そして先天性という細分類があります。

ステロイド性、甲状腺機能亢進、ビタミン不足、抗てんかん薬など、骨脆弱化の原因、基礎疾患が明らかな病態のことです。

また、続発性骨粗鬆症では原疾患を治療しますと劇的に改善することがありますから、骨粗鬆症診断の際に見過ごしてはいけないということです。

内分泌疾患由来では、性腺機能不全、クッシング症候群、副甲状腺機能亢進症、甲状腺機能亢進症があります。

特に、クッシング症候群は副腎ステロイドホルモンが体内で過剰になっている状態ですが、薬としてステロイド剤を長期にわたって服用している人にもよく見られます。

ステロイドを長期にわたって服用する一般的な病気として、喘息、リウマチ、SLE、ベーチェット病などの膠原病、腎臓病などが挙げられます。

消化器疾患由来では、胃切除、吸収不全症候群があります。

-女性の健康と病気

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.