女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと

食事・フード・食べ物

週末は飲み会だ!「・・のチカラ」とか「濃縮・・・」とかの成分とか効能とか知っている?

更新日:

ウコンの持つ様々な有効成分がどのように健康に役立つのか見てみましょう。

ウコンに興味を持ったきっかけが、お酒の飲み過ぎによる肝臓の疲れや二日酔い、肌荒れなどの改善に役立つと聞いたから、と言う人は多いはずです。

肝臓に良い成分とは一体何だ?

ウコンが肝臓によい、と言われるのは、ウコンに含まれるクルクミンの働きによるものです。

ウコンに含まれているクルクミンは肝臓のはたらき、つまり肝臓の解毒作用を強め、また消化活動に欠かせない胆汁の分泌を活発にしてくれます。

この胆汁が活発に分泌されれば、それによって刺激を受けた肝細胞によって肝臓はさらに働きを高めることができます。

クルクミンの働きはこれだけではなく、抗炎症作用ももっていますから、胃炎を防ぐ力もある、つまり胃を守る働きをもしてくれるわけです。

さらに抗菌、殺菌作用もあるため、胃潰瘍の原因であるピロリ菌などの繁殖を防ぐということまでしてくれます。

また、クルクミンの特徴の一つとして、体内にはいるとテトラヒドロクルミンという物質に変化するというものがありますが、このテトラヒドロクルクミンにはとても強い抗酸化作用があることがわかっています。

まだまだあるウコンの働き!

身体の老化を防ぎ、遺伝子への悪影響を防ぐことで知られている抗酸化作用は、特にお酒の多い人、たばこを吸う人にとっては気にかけておきたいものですが、この点でもウコンは役に立ってくれるのです。

そのほかのウコンの働きとして注目されているものに発ガン予防効果があります。

おもに皮膚ガンや大腸ガン、肺ガン、前立腺ガンなどの予防に役立つことが実験によってわかってきました。

またウコンをとることで血中のコレステロールが減少するということもわかっており、この効果によって血管が強くなり、動脈硬化などの怖い病気を防ぐことができるとも言われています。

血管を丈夫にして血液をキレイにし、さらに肝臓の働きを強めてくれるウコンは、成人病予防には欠かせない食べ物といえるかも知れません。

ウコンの特筆するべき有効成分

ウコンに含まれる効能は数多く、調べてみると健康食品としてもてはやされるのもごく当然と言った雰囲気がありますが、これらのウコンの持つ薬効成分を詳しく見てみましょう。

まずはウコンの有効成分と言えばこれ、といわれるほど良く知られた、ウコンのあの黄色のもととなっているクルクミンです。

この黄色はおなじみのカレーやたくあんの黄色でもありますが、単に香ばしい香りと色を醸し出しているだけではなく、肝臓機能を強化して、胆汁分泌を活性化するという働きをも持っています。

胆汁が多いと言うことは消化器官が活性化すると言うことであり、効率の良い脂肪燃焼にも繋がるため、ウコンにダイエット効果がある、とされる根拠もこのあたりから来ているようです。

このクルクミンは色素成分となりますが、ウコンにはこのほかに、精油成分と呼ばれる力もたくさん備わっています。

ターメロンと呼ばれる精油成分は、生ものを食べた際などに危険性のある寄生虫のアニサキスの成長を防ぐ働きをもっており、さらにクルクミンとおなじく、胆汁の分泌の促進作用も持っています。

アロマテラピーで使われる精油として良く知られたローズマリーの、高い効能をもつ成分として良く知られている、シネオールもウコンには含まれています。

このシネオールにも胆汁の分泌を促す成分があり、さらに胃を丈夫にするとともに、殺菌作用、抗菌作用もあります。

西洋料理でよく魚料理などにローズマリーが使われている理由の一つがこの抗菌、殺菌作用で、これは日本食の場合でいうところの、お刺身につけるわさびの役割と考えるとわかりやすいかも知れません。

また、ウコンに含まれている成分の中でも最近は特に注目を集めているクルクメンには、強い抗ガン作用があるのではないかと言われ、研究が進められています。

さらにこのクルクメンには血中のコレステロールを溶かすというような作用もあり、動脈硬化を防ぐ効果も持っています。

おなじくガンの治療に役立つのではと期待されている、クルクモールという成分もウコンにはふくまれており、最近の研究では特に子宮ガンの治療への利用についての有効性が期待されています。

すごいなウコン・・まだまだあるその成分を深堀

ウコンの持つ力はまだ他にもあります。

ウコンの精油成分ではさらに、緑茶などにも含まれる薬効成分として良く知られた、フラボノイドもありますが、このフラボノイドは多くの成人病の症状として危惧される血管のもろさを軽減する作用があることで注目を集めています。

血管壁に直接作用するため、効率よく、いたんだ血管を修復し、血管の弾力性を取り戻してくれると言われています。

さらに認知症の予防や喘息の改善、アトピーなどの皮膚病の症状軽減にも役立つとも言われています。

ウコンに含まれている精油成分にはアズレンもありますが、このアズレンは胃液中のペプシンの働きをおさえてくれ、潰瘍、炎症の症状の軽減に役立つ力を持っており、口内炎や十二指腸潰瘍の治療薬として知られています。

ウコンに含まれているのはこれらの健康に留意する人にとって気になる精油成分だけでなく、ミネラルやビタミンも複数あります。

リン、鉄分、カリウム、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンBといった、サプリメントではおなじみのラインナッププがずらりと並んでいるのですから、ウコンが健康食品として注目を集めるのも当然のことといえるかも知れません。

ウコンの精油成分の中でも、シネオールやアズレン、カンファなどは、アロマテラピーなどでよく利用されるエッセンシャルオイルとして良く知られてい る、カモミールやローズマリー、ユーカリなどにも含まれている成分ですから、香辛料として重宝されているだけあるウコンのすばらしい芳香の源としても作用 しています。

ローズマリーやカモミールは肌に強いアンチエイジング効果をもたらすハーブとしても良く知られており、ヨーロッパでは昔からハンガリアンウォーターという、ローズマリーを主体とした老化防止化粧水が作られています。

ユーカリやローズマリー、セージなどのハーブに含まれているシネオールはさわやかな香りをもち、香料やオーラルケア商品に利用されているだけではなく、喉や鼻の炎症を抑える効果があるため、咳止めや気管支炎の薬としても利用されています。

-食事・フード・食べ物

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.