女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと

女性の健康と病気

骨粗鬆症と骨について知る!【女性に多く男性の4-5倍】

更新日:

人間の身体には、約206個の骨があります。それらの骨を組み合わせて形成されたのが骨格になります。

現在の骨格の形態は、長い年月をかけて2足歩行に適した形に進化してきたと言われています。

骨の種類と構造

骨にもいろんな種類があるのですが、骨の構造はどれも、軟骨、海綿骨、皮質骨、骨髄から成り立っています。

骨の主成分は、コラーゲンというタンパク質からできています。これに、カルシウムやリンなどのミネラルが付着して、骨を作っています。

骨と言いますと、カルシウムが一番に思いつくかもしれませんが、どの成分も骨には不可欠なもので、それぞれが密接に関わり合っているわけです。

骨の大きな3つの役割

骨は、単に身体を支えるだけと考えている方が多いかと思いますが、大きく3つの役割を果たしています。

まずは、身体を支えるということです。

人間は他の動物と違って2本足で立つことができますが、これは骨盤(足やおしりを支える)や背骨が身体を支えているからできることなのです。

二つ目は、内臓を守ることです。心臓や肺など直接、命に関わる臓器は助骨で、また同じように大事な脳は頭蓋骨で外部の衝撃から守っているわけです。

三つ目は、これも非常に重要な役割ですが、カルシウムを蓄えることです。カルシウムは、身体の働きを保つのに、非常に大切なミネラルですが、骨はその体内のカルシウムの実に99%を蓄えているのす。

骨のリモデリングというサイクル

血液中や細胞内のカルシウムが不足しますと、少しずつ骨から溶け出してきます。

骨には、骨髄と呼ばれる部位があって、そこで赤血球、白血球、そして血小板などが作られています。

骨は強度や質を高めるために、リモデリングと呼ばれる「壊されて、作られる」というサイクルを3ヶ月かけて行っているということです。

その内容は、骨→破骨細胞による骨吸収→骨芽細胞による骨形成→新しい骨になるというサイクルです。

こうすることにより、骨は新しく形成され、質の良い状態を維持し続けることができるということです。

骨粗鬆症になる流れ

骨には、タンパク質やリンなどと一緒に多くのカルシウム(骨重量の約50%)が含まれています。

しかしながら、骨に含まれているカルシウムなどの量は、若年期をピークに加齢に従って減少してきます。

そして、骨量が減少しますと、骨の中の構造が壊れて骨は非常にもろい状態になって、折れやすくなってしまいます。

これが、いわゆる骨粗鬆症です。骨粗鬆症には、老化による骨粗鬆症の他に、成長期や出産後などに見られることもあります。

骨粗鬆症は、骨塩量の減少によって骨微細構造の破綻をきたし骨強度が低下し骨折に対するリスクが高まった全身性疾患、と定義されています。

骨粗鬆症を診断する上で、まず念頭におくべきことは、骨量を減少させるいろいろな基礎疾患のことです。

いろいろな内分泌異常、カルシウム吸収障害などは、二次性骨粗鬆症の原因となっています。

関節リウマチも二次性骨粗鬆症の原因となる疾患の一つに挙げられています。

年をとること、また閉経を迎えたことの他に、食事でのカルシウム摂取不足とか運動不足などが起因して骨のカルシウム量が減少し、骨がスポンジのように粗くなって骨折しやすくなる症状が骨粗鬆症です。

骨粗鬆症の2つのタイプ

骨粗鬆症は女性にとても多く、男性の4~5倍にも達しています。

骨粗鬆症は、原因のはっきりしない原発性骨箱鬆症、そして原因のはっきりしている続発性骨粗鬆症とに分けられています。

原発性骨粗鬆症になる人が多くなっていますが、さらに閉経後骨粗鬆症と老人性骨粗鬆症に分類されています。

高齢の女性の場合、閉経と老化の両方の要素が関係していますから、必ずしも区別できないということです。

いずれにしましても、高齢の女性に多く見られる病気で、50歳代から増加し始め、70歳以上では、約半数が骨粗鬆症になると言われています。

ところが、ほとんどの人は症状が現われてきません。

二次性骨祖鬆症は、副腎皮質ホルモン剤の服用、また慢性関節リウマチなどが原因となることが多いとされ、男性や比較的若い人にも生じるということです。

-女性の健康と病気

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.