女性がキレイで、ステキで、知的でいるための情報ブログ

きれいでねっと

食事・フード・食べ物

このごろ気になる・・スローフードって一体なに?

更新日:

スローフードという言葉を最近少しずつ耳にするようになってきましたが、スローフードとは、どのようなフードなのでしょうか?

ファーストフードといえば?と聞かれればいろいろと思い浮かびますが、スローフードがどのようなものなのかと思い浮かべることは難しいと思われます。

スローフードのスローはゆっくりと食事をするという意味ではなく、毎日口にしている食べ物や食事についてじっくりと考えていこうという意味でのスローになります。

スローフードの基本的な考え方って?

スローフードはファーストフードと比較されやすいのですが、ファーストフードは現代人のスピード感があるライフスタイルに合わせて手早くとることができる食事であるのに対して、スローフードは食事に使われている食材の産地や作り方などについて知っていこうとすることです。

自分が住んでいる地域で生産されている食材をできるだけ選んで食事に取り入れていこうとすることでもありますので、スローフードを実践しようとするときには、それまでの食材の選び方とは目線を変えていく必要がでてくるかもしれません。

スローフードの広まりはファーストフードを否定するためではなく、改めて品質が良い食材を見直していく、また地元の食材をメニューに取り入れていくことに意識を移そうということが狙いです。

ですから、スローフードを実践するからにはファーストフードを徹底して排除するとか、一定の条件ではない食材は使ってはいけないなどといった禁止事項にがんじがらめになる必要はないのです。

ファーストフードの対比という意味ではない

ファーストフードという言葉ならよく聞いたことがあり、その意味は知っていても、スローフードという言葉や意味を知っている人はまだまだ多くはないようです。

ファーストフードが早食いの意味ではないように、スローフードもまたゆっくり食べるという意味ではなく、食べることや食べ物についてゆっくりと時間をかけて見直していこうというものになります。

スローフードの意味は一言では説明することが難しいくらい、幅広いものでありますが、まずは大切な身体に摂り入れる食べ物であるからこそ、どこの土 地で育てられたものであるのかということを気にかけたり、丁寧に育てられた質の良い食料品を率先して料理に使っていったりすることでもあります。

地域の食材を見直す

日本には地域によって昔から伝わる、味わい深い郷土料理がありますが、このような伝統的な料理に改めて目を向けていくことが日本向けのスローフードの在り方かもしれません。

またそれぞれの地域で生産された食材を使用する地産地消の動きも活発になってきています。

その地域でしか食べることができない食べ物、またその地域で生産することが合っている食材などをうまく組み合わせて、質の良い食事を見直していこうという運動がスローフード運動なのです。

それぞれの土地にはその土地で育てることに向いている作物がありますので、毎日の食事の際にその土地で見かけることができる作物に目を向けることによって、地域の活性化にもつながってくるというわけなのです。

普段の食事はただ空腹状態になった胃袋にそれを満たすだけの食べ物を放り込んでおけばいいものではなく、何よりも自分自身の身体のこと、また大切な周りの環境のことを考えながら食事をするということが求められているのです。

スローフードについて突き詰めていくと、自然や天然のものが良いという考えにたどりつきますが、それは工場で生産されているものが良くないというわけではありません。

また無農薬や無添加に気をつけて作物を作っていけば、自然とその生産量は少なくなる傾向になりますが、少ししかとれない作物が良いものであって、大量生産をされるものは良くないものであるという決めつけでもありません。

スローフードは食に関するさまざまなことについてじっくりと見直し、自分の身体のことや地域の状態について考えるということなのです。

しかも、その考えが一時のものではなく、継続されることが必要となります。

-食事・フード・食べ物

Copyright© きれいでねっと , 2017 AllRights Reserved.